妊娠するとやはり、食生活も気になるところです。女性が食べたものが、赤ちゃんの栄養になるからです。やはり赤ちゃんが元気に産まれてくるためには、まずはお母さんがしっかりと栄養をとることが大切となってきます。

青汁にはこんなメリットが

青汁を妊娠中にとることには、次のようなメリットがあります。

たとえば妊娠中には、葉酸とよぱれるビタミンが必要になってきます。これは妊娠中に赤ちゃんが元気に育つため必要とされており、先天性異常防止のためにも、取ることを厚生労働省も勧めています。きっと産婦人科の医師からも勧められたなんて、経験のある女性も多いでしょう。

そんな葉酸やまた妊娠中に必要な栄養素である鉄分なども、青汁だと少量でもしっかりととることができます。複数の栄養素を同時に、さらに手軽にとれるのは青汁ならではのメリットといえます。

安心した飲める青汁の特徴とは

とはいっても、妊娠中でも安心して飲める青汁は次の特徴があります。

まずは抹茶や緑茶入りの青汁でないことです。お茶がすきだからと、抹茶や緑茶入り青汁をとるとカフェインが多く入っている可能性があります。カフェインはあまりいい影響がないので、抹茶や緑茶入り青汁は避けた方がよいです。安心して飲むにはこれら以外の青汁がよいでしょう。

次は、大手や老舗のメーカーの青汁です。大手や老舗のメーカーの青汁は、その原材料の産地が国内で、無農薬やまた製法にこだわっていて、より安心して飲むことができます。もしも、安価なものだと中国産や外国産で、農薬などの安全性を保障できません。やはり安心して飲むには、産地や製法が安全であることが必要です。そのためには、大手や老舗のメーカーのものとなるのです。

これとにているものとして、食品添加物が入っていないものを選ぶといいでしょう。

また味付けも苦味が問題なければいいのですが、苦いのは苦手という人は味付けを選べるものがいいでしょう。というのも、やはりできるかぎり飲み続けていかないといけません。妊娠中の不安やストレスはとても感じやすいものです。その頃に、苦手なものをとることはやはり大きなストレスを感じるものです。ストレスを感じずに飲むためにも、味付けがあるものを選ぶといいかもしれません。

妊娠中でも飲める青汁はランキングで

こうした特徴の青汁を探すのも、ネットではランキングとして掲載されていたり、紹介されています。これらを参考にして選んでいくといいでしょう。

青汁の効果をあげる取り方、下げる取り方も知ろう

青汁はさまざまな栄養素があって、その効果を期待する人も多いでしょう。その効果も青汁さえ飲んでおけば、とれるものと思っていませんか。実は知らず知らずに効果を下げる取り方をあなたは、しているかもしれません。

また、今よりももっと効果をあげられる取り方もあるのです。

青汁の効果をあげる取り方とは

青汁の効果のひとつとして、便秘の解消があります。便秘にいいとして、食物繊維も豊富に青汁には含まれています。

そんな青汁の効果をさらにアップさせるための取り方もあります。それは乳酸菌を一緒にとるというものです。やはり、食物繊維とさらに乳酸菌が相乗効果を発揮して、より便秘の解消に役立つのです。

取り方も難しくはなく、青汁を飲むときに一緒にヨーグルトを食べたり、はちみつやバナナも一緒にとるといいでしょう。バナナならばバナナジュースにして青汁に混ぜるなんてのもいいでしょう。

すでに青汁に乳酸菌入りもあるので、それを利用するのもいいでしょう。

他にも、青汁に入っている亜鉛や鉄も体にとってはいいものです。普段はこれらも欠乏しやすく、特に女性だと貧血もおこしやすくなります。そんな亜鉛や鉄もレモン汁を加えて、ビタミンを青汁に入れると、より体に吸収されやすくなるのです。

効果を下げる取り方も

今度は効果を下げる取り方です。夏場だと青汁を冷やして飲む人も多いでしょう。ならば冬場はと温めて飲む人もいますが、それが熱いと青汁に含まれているビタミンを壊すなんてことになるのです。ですので、少しぬるま湯など、温度を下げた方がよいのです。

あと、取るときにいろいろな野菜やフルーツを混ぜてもいいのですが、残念ながらニンジンやキュウリだと、含まれている成分がビタミンを壊してしまう恐れがあるため、混ぜることにはあまり適していません。もしも、青汁 妊婦 おすすめ混ぜるときには調理してから早めに飲むようにしましょう。

あと食事と一緒に青汁をとるときも、食物繊維が多すぎると、人によっては下痢を起こしやすくなるので、食物繊維が多くとりすぎないように気をつけましょう。青汁を飲むタイミングを変えたり、食事のメニューを変えるなどしていきましょう。

取り方もよく調べよう

青汁も水やお湯にとかして飲むものが多いです。手軽に飲めるのであまり、他の食べ物などとの組み合わせや取り方を気にしていない人が多いでしょう。

ここに書いたことを意識すれば、もっと青汁の効果を手に入れられるので、取り方も調べていきましょう。